スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

king of kings
king of kingsはひとつ前にのせたマヅラの姉妹店。
マヅラの南側にあります。

kok5.jpg

中が薄暗く、外から見るとなかなかに閉鎖的で入りにくいのだけど
そんな気持ち以上に、中を見たい気持ちが圧勝。潜入~

kok1.jpg

kok2.jpg

びっくりです。まさに、マヅラのお姉さん!
すごい。なんという美人姉妹なんだろう。
天井も壁もうねるうねる。珈琲に映る七色のガラスにうっとり。
完全に日常とは別世界。お洒落すぎるーーー!

わー、いろんなビジュアルや感情が一気に畳み掛けてきて忙しい。

kok7.jpg

kok6.jpg


kok4.jpg

奥にはバーカウンターのスペースもあります。
パウダールームへの扉もまさに宇宙への出入り口。
そして扉も素敵だけどトイレの入るとこれまた素敵。
どこもかしこも、徹底的に作り込んであります。
余計なものは入れない、完璧に出来上がった世界。

ここは喫茶店というよりもラウンジで、昼の12時頃からまったり営業。
私の愛するモーニングはやってません。
グランドピアノもおかれていて、パーティーでも使用可。

ちょっとお洒落して行きたくなるお店です。

kok3.jpg

[king of kings]
大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前ビルB1
12時(ごろ)から営業
スポンサーサイト

マヅラ
ma6.jpg

西梅田の駅前ビル地下。

入口では「ぃらっしゃっせーーー!(クレシェンド)」と
威勢のよいおじさんの掛け声が高らかに地下と店内に響き渡ります。

今年の春に開催したBMCのイベント"おビル見"でも、
新地のビルを巡った後、みなさんとマヅラでお茶をしたのでした。
そんな、20人程の急な客にもさくっと対応できる広い喫茶店です。

ma4.jpg

ma3.jpg

ma2.jpg

私の腕で撮った写真だと何がなんだかわかりませんが。

地球にいるとは思えないスペーシーな装飾。
絶対に多すぎる照明とひとつひとつのその形。
仕切りがミラーになっていたり、床が段になっていたり、と
私も店全体がどうなっているのか未だによくわかってません。

ma5.jpg

現代のサラリーマンにはちょっと窮屈な、
小ぶりのミッドセンチュリー家具。
この時代の喫茶店の家具は、共通してサイズが小さめなのも特徴です。

しかしこんなに遊びまくった楽しい空間なのに、
客はサラリーマン率90%以上。誰も空間には興味がない様子で
仕事をさぼったり、クリームソーダをつついたりと
その光景もまた喫茶店の象徴で好きなのですが。
やはりタバコ率は高く、もくもくしています。でもそれこそが喫茶店。
禁煙ブームの中で、ほっと息を抜ける大切な場所なのですね。

梅田から宇宙へのワープステーション。
珈琲250円というお手ごろ価格で
これだけの空間に浸れるのはすごいです。

ma1.jpg

[マヅラ]
大阪市北区梅田1-3-1 駅前第一ビル B1F
OPEN:9:00-23:00 CLOSE:日・祝

| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。