スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEA ROOM リミー
オフィスビルの中にある小さな喫茶店"リミー"

rimii1.jpg

グリーンの扉が どうしようもなく可愛い

rimii4.jpg

近付いてみると
おっと 入口の扉の取っ手部分に店名が

rimii3.jpg

rimii2.jpg

店内は柔らかい白色に包まれています
白は白でも 時代の空気を含んだ暖かい白が心地いい

この日は珍しくホットミルクを飲みました
ちなみに この"白"つながりは 偶然

気持ちが引き締まる珈琲とはまた違って
やわらかく染み入るミルクも たまにはいいものですね
そういえば小さい頃は 父親についていった喫茶店で
珈琲がまだ飲めない私は いつもきまってミルクを飲んでいました
あの頃は 珈琲の美味しさも全然わからなかったし
喫茶店の魅力もわからなかった(当たり前か)

ちょっと今日は 昔の記憶を思い出してみました
喫茶店に身をおくと
自然と昔の記憶が蘇って 懐かしくなるときがあります

ちなみに私は ミルクにグラニュー糖を入れて飲む
ほんのり甘い味が好きです

[TEA ROOM リミー]
大阪市中央区今橋2丁目3-21 藤浪ビルディング1F
スポンサーサイト

喫茶arto
あけましておめでとうございます

今年も マイペースに
喫茶店の魅惑な世界をのぞいていきたいと思います
BMC喫茶室 BMC共々 今年もよろしくお願いいたします

新年は 堺筋本町駅から南西へ徒歩少々のところにある
家から近くの大好きな喫茶店[arto]へ



ar2.jpg

店内は 緑×黒ストライプの壁天井が相当にクーーール

ar5.jpg

かと思えば
こんなエレガントな装飾のミラーも飾られていたりして

ar6.jpg

カウンターを向けば 可愛らしいペンダントの照明が明かりを灯します
忙しく行き交う外の世界とは遮断されたような 贅沢な異空間

ar4.jpg

いつも幸せな気分へひとっ飛びしてしまう
モーニングの珈琲とたまごと厚切りトースト(これが本当に美味しい!)

営業されているのは やさしい笑顔がすてきなママさんで
さりげない気配り 穏やかさ 丁寧に手入れされた店先の緑や花など
ここに来ると ママさんの姿をみて
私はひそかに人間を学ばせてもらってます

最近はお店に行くと声をかけてもらえるようにもなり
憧れの"喫茶店の常連"に近づけて 小心者の私にしては大前進
(...と思いつつ 引っ越しで中央区を離れることになり残念ですが)

自分のままでほっとできる場所
この空気感が 喫茶店のいいところだと思います

ar1.jpg

[喫茶arto] 大阪市中央区北久宝寺町

TeaRoom KOMA
koma1.jpg

御堂筋通を少し中に入った、細い路地。
細い路地に静かに佇んでいるけど、店の間口が広く
ピンクとブルーのテントがとてもキャッチーです。

こういう裏道なんかでばったりと素敵な喫茶店に出会ったときは、
自分だけのスペシャルを見つけたような嬉しい気持ちになります。
誰かに教えたいような、いや教えたくないような。

koma5.jpg

koma2.jpg

店内は、思った以上に広くてゆったりとした店内。
喫茶店といえば、ちぢこまってお茶を飲むこともよくありますが、
このお店には、そんな空気を感じさせない余裕を感じます。
綺麗に手入れがされていて、ぬけた小物も一切なし!
かといって変に狙ったもわけでなく、真面目にお洒落なのです。

開業1962年。
確かに時代を重ねた「喫茶店」なのだけど、
モダンな赤と黒の椅子や、
昔は会社に応接室代わりにも使われていたのも納得の上品さ。
そうそう、カフェのような居心地なのです。

お店のオリジナルものにも個性がちらり

koma3.jpg

オリジナルの珈琲カップ。
外観のカラーとお揃いのソーサーのラインも、
シンプルながらにさりげなくアクセント。
このカップで飲む珈琲がまた味わい深く美味しいのです。

koma4.jpg

入口に柔らかく光る、店看板。
長方形のサイズの下側に店名を入れるというこのバランス感覚が素敵!
すべてがあくまでも控えめながら、きらりと光るセンスが眩しい。

大通りを入ってほっと落ち着ける、
ノスタルジックで優雅な時間の流れる喫茶店です。

koma6.jpg

[Tea Room KOMA]
大阪市中央区高麗橋2-4-22
AM9:00-PM18:00 / 土日祝休
cafe EUROPA
大阪のど真ん中、本町。
早足で人が行き交うオフィス街の中、ふと静かになれる喫茶店。



店内に入った途端、ざわざわとした外の通りから一変。
別世界を感じるのは、窯のようなこの外観のデザインもあるのかも。

euro2.jpg

euro5.jpg

euro3.jpg

重厚な空間に、クールにキラリと光る照明がなんとも渋く、
例えるならば上品な紳士といったところでしょうか。
席にも仕切りがされていて、落ち着いて息をつくことができます。
そして珈琲カップがこれまた素敵なのですね~

euro4.jpg

お。このミルクのピッチャーは???
持ち手が長いこの形は初対面です。どうしてこの形?
入れ心地はふつうのとさほど変わらず。むしろちょっと緊張します。
でもこんなところになんとも言えぬ愛嬌を感じます。

モーニングセットは珈琲+トースト+卵で280円!安い!
コーヒーも、朝は250円。
やはり早起きはいいことがあるようです。

都会の中のオアシス。
これぞ正統派、喫茶店。

[cafe EUROPA]
大阪市中央区淡路町1-4-10

純喫茶三輪
船場センタービルの9号館地下2階。
まず、ビルがそもそも渋くてかっこいい。

m6.jpg

外壁はひたすらにタイル貼り。職人の努力がしみじみ伝わります。
いつ見ても堂々たるその姿は、いつまでも残したいビルのひとつ。

m1.jpg

その地下にひそむのが"純喫茶 三輪"。
両サイドに出入り口があり、食品サンプルのショーケースは計4つ!
そんなにいる?

m2.jpg

m3.jpg

店内に入るとベルベットの真っ赤な世界が広がります。
ウエイトレスのドレスもこれまた真っ赤。素敵です。

場所が地下2階ということもあってか、深く濃ゆいオーラが漂う。
内装や置いてある物など、来る度にいつも新しい発見があります。
というか、店内が広すぎて理解しきれません。
何度行っても、ここのオーラにはやられっぱなし。

m4.jpg

喫茶店ならではの船型のガラスの器で登場した、
飾り切りが美しい、フルーツの盛り合わせ。
たっぷりの果物でビタミン補給。

m5.jpg

小さな電球がかわいい看板。

あちこちに見所があり、
ゆったりと過ごしながら、自分の時間を楽しめます。

[純喫茶 三輪]
大阪市中央区船場中央3丁目3-9
船場センタービル9号館地下2階
日祝休

| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。