スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶房カオル
BMCの発行している小冊子『月刊ビル』の喫茶コラムで
今回ご紹介した『茶房カオル』さん。
1ページにはとても収めきれないほど本当に素敵な喫茶店だったので
溢れた魅力の続きをこちらで。

1.jpg

南海電車の堺東駅から徒歩10分ほど。
緩やかに迎えいれてくれるこの佇まいが
この扉の先の素敵な出会いの予感に、一層胸をふくらませます。

月刊ビルでも紹介していますが
お店に立たれている孝子さんは
今月号で特集した浪花組ビルの初代社長の娘さん。
そんな初代社長、会社を背負っているうえに
写真だと見た目がかなりどっしりとして少し近寄りがたい容姿...
しかし、実は宝塚など美しいものが好きだったり
食通だったりとハイカラな面を持っていて、
昔から家族を色んな場所に連れていって喜ばせるのが
好きな方だったそうです。
孝子さんはそんな幼い頃の記憶から自然と本物の珈琲の美味しさに
魅了され、喫茶店を開こうと思うようになり、当時有名だった
心斎橋の『喫茶御門』でウエイトレスとして働きました。

これは余談ですが、この喫茶御門、
BMCお宝写真集『洋風喫茶店』にものっているのです!
モノクロ写真の中に広がる夢のような空間に、
目の前にいる孝子さんがかつていたと思うと、何ともいえぬ感動。

孝子さんは店作りのため
数えきれないほどいろんな喫茶店に足を運び、
20代の若さで自らの人生を懸けて開業。
今の旦那さんと二人三脚で、お店を支えています。

4.jpg

1952年に創業し、1978年に改装。
梁にはその年号が刻まれています。

2.jpg

6.jpg

5.jpg

家具はほぼ当時のまま。
統一された木の椅子は時間を重ねた色味と艶が美しく、
座面も張り替えをしながら今日まで大切に使われています。
他では見ない、店内に飾られている工芸品や照明器具なども
このお店のために設計士さんが作られてたものが店内を飾ります。
良いものを大切にされる孝子さんの心が伝わります。

3.jpg

キッチンの壁タイルもカワイイ!

7.jpg

茶房カオルに流れる穏やかで品のある空気は、
ご夫婦の素敵な人柄があってこそ生まれるもの。

「喜んでもらえるように」と最高のサービスへの想いから
これまでにたくさんの苦労がありました。
当時まだ高級嗜好品であった珈琲。
名ばかりの珈琲ばかりが出回る当時
適正な値段と本当の味を守るのは大変でしたが、
信頼を寄せる珈琲豆屋さんが
毎日その日の分だけ自転車で心斎橋から届けてくれたり、
孝子さん自身もお店に出すパンを毎日バスにのって取りにいったり。

今より便利ではない分、人と人の繋がりは深く、ドラマチックで、
「人は孤独では生きられないのよ」という孝子さんのことばは
経験してこその重みがあります。

さりげないピンクのマニュキアが似合う
お洒落で優雅な孝子さんと
孝子さんを温かく包む旦那さまの貫二さん。
本当に素敵なご夫婦です。

私たちの活動を快く受け入れてくださって
色々なお話を聞かせていただきました。

嬉しかったのは、こちらからお願いしてお話を聞くなかで
孝子さん自身が当時の記憶を懐かしんで思い出せたことを
とても喜んでくれたこと。
このお店に出会えたことを嬉しく思います。

機会があれば、ぜひ足をお運びください。

『茶房カオル』
堺市堺区北向陽町
7時から18時まで営業


スポンサーサイト

TEA ROOM リミー
オフィスビルの中にある小さな喫茶店"リミー"

rimii1.jpg

グリーンの扉が どうしようもなく可愛い

rimii4.jpg

近付いてみると
おっと 入口の扉の取っ手部分に店名が

rimii3.jpg

rimii2.jpg

店内は柔らかい白色に包まれています
白は白でも 時代の空気を含んだ暖かい白が心地いい

この日は珍しくホットミルクを飲みました
ちなみに この"白"つながりは 偶然

気持ちが引き締まる珈琲とはまた違って
やわらかく染み入るミルクも たまにはいいものですね
そういえば小さい頃は 父親についていった喫茶店で
珈琲がまだ飲めない私は いつもきまってミルクを飲んでいました
あの頃は 珈琲の美味しさも全然わからなかったし
喫茶店の魅力もわからなかった(当たり前か)

ちょっと今日は 昔の記憶を思い出してみました
喫茶店に身をおくと
自然と昔の記憶が蘇って 懐かしくなるときがあります

ちなみに私は ミルクにグラニュー糖を入れて飲む
ほんのり甘い味が好きです

[TEA ROOM リミー]
大阪市中央区今橋2丁目3-21 藤浪ビルディング1F
喫茶arto
あけましておめでとうございます

今年も マイペースに
喫茶店の魅惑な世界をのぞいていきたいと思います
BMC喫茶室 BMC共々 今年もよろしくお願いいたします

新年は 堺筋本町駅から南西へ徒歩少々のところにある
家から近くの大好きな喫茶店[arto]へ



ar2.jpg

店内は 緑×黒ストライプの壁天井が相当にクーーール

ar5.jpg

かと思えば
こんなエレガントな装飾のミラーも飾られていたりして

ar6.jpg

カウンターを向けば 可愛らしいペンダントの照明が明かりを灯します
忙しく行き交う外の世界とは遮断されたような 贅沢な異空間

ar4.jpg

いつも幸せな気分へひとっ飛びしてしまう
モーニングの珈琲とたまごと厚切りトースト(これが本当に美味しい!)

営業されているのは やさしい笑顔がすてきなママさんで
さりげない気配り 穏やかさ 丁寧に手入れされた店先の緑や花など
ここに来ると ママさんの姿をみて
私はひそかに人間を学ばせてもらってます

最近はお店に行くと声をかけてもらえるようにもなり
憧れの"喫茶店の常連"に近づけて 小心者の私にしては大前進
(...と思いつつ 引っ越しで中央区を離れることになり残念ですが)

自分のままでほっとできる場所
この空気感が 喫茶店のいいところだと思います

ar1.jpg

[喫茶arto] 大阪市中央区北久宝寺町

ノッポさんによる喫茶店のススメ
喫茶店好きの方へ。
もちろんそうじゃない方も。

すてきなDVDのご案内です。

ノッポさんと行く昭和のスキマ探訪 喫茶店編[DVD]ノッポさんと行く昭和のスキマ探訪 喫茶店編[DVD]
(2009/07/15)
高見のっぽ

商品詳細を見る




私にとって幼少時代以来となる、ノッポさんとの思いがけない再会。

このDVDでは、今もなお現役で続ける古きよき喫茶店を
ノッポさんの軽快な口調と渋い目線で紹介してます。

昔の思い出とともに喫茶店を愛するノッポさんも、
その時代を過ごした人への憧れを募らせる自分も、
「喫茶店」が人それぞれの思いを受け、
年代も性別も超えて愛される場所であることがとても嬉しいです。

喫茶店をレトロレトロと流行りとして扱うのではなく、
今までも、そしてこれからも、世代を超えてずっと愛されていくもの。
あくまでもスタンダードであってほしいと願っています。

DVDを作ってしまうほどに
喫茶店が好きなのっぽさんに乾杯!

※ちなみにこのシリーズの"自販機編"もあります。
TeaRoom KOMA
koma1.jpg

御堂筋通を少し中に入った、細い路地。
細い路地に静かに佇んでいるけど、店の間口が広く
ピンクとブルーのテントがとてもキャッチーです。

こういう裏道なんかでばったりと素敵な喫茶店に出会ったときは、
自分だけのスペシャルを見つけたような嬉しい気持ちになります。
誰かに教えたいような、いや教えたくないような。

koma5.jpg

koma2.jpg

店内は、思った以上に広くてゆったりとした店内。
喫茶店といえば、ちぢこまってお茶を飲むこともよくありますが、
このお店には、そんな空気を感じさせない余裕を感じます。
綺麗に手入れがされていて、ぬけた小物も一切なし!
かといって変に狙ったもわけでなく、真面目にお洒落なのです。

開業1962年。
確かに時代を重ねた「喫茶店」なのだけど、
モダンな赤と黒の椅子や、
昔は会社に応接室代わりにも使われていたのも納得の上品さ。
そうそう、カフェのような居心地なのです。

お店のオリジナルものにも個性がちらり

koma3.jpg

オリジナルの珈琲カップ。
外観のカラーとお揃いのソーサーのラインも、
シンプルながらにさりげなくアクセント。
このカップで飲む珈琲がまた味わい深く美味しいのです。

koma4.jpg

入口に柔らかく光る、店看板。
長方形のサイズの下側に店名を入れるというこのバランス感覚が素敵!
すべてがあくまでも控えめながら、きらりと光るセンスが眩しい。

大通りを入ってほっと落ち着ける、
ノスタルジックで優雅な時間の流れる喫茶店です。

koma6.jpg

[Tea Room KOMA]
大阪市中央区高麗橋2-4-22
AM9:00-PM18:00 / 土日祝休

| home |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。